研究開発

塗るだけですぐ歯を白く見せることのできる、ハニックの主要商品「歯のコーティング剤(歯のマニキュア)」は他にはない、"Only one"商品で、世界各国で特許を取得しています。その歯のコーティング剤の開発から半世紀。私たちの研究開発は新たなるステージへと向かいます。虫歯予防、歯周病予防を目的とした、歯に塗っておくだけの、全く新しいタイプの予防口腔ケア商品を開発。天然樹脂成分ロジンを主成分とする歯膜剤「Hanic Coat 829」が誕生しました。

■当社歯膜剤の抗菌効果

1.虫歯原因菌に対する抗菌効果

日本大学松戸歯学部福島和雄教授との共同研究により、当社の歯膜剤が虫歯原因菌の増殖を抑制し、長時間持続することが In vivo 実験で確認されました。この結果は、「第46回歯科基礎医学会学術大会」(2004.9.25)で発表。

PMTC後、歯膜剤塗布実験(In vivo 実験)

PMTC後に歯膜剤を歯科医師または歯科衛生士により塗付した後、翌日より起 床直後のブラッシング歯垢中の総レンサ球菌中のS.ミュータンスの存在比(MS比%)を測定した結果は以下の通りです。

被験者A、Bの各ステージにおけるブラッシング歯垢のMS比

2.歯周病原因菌に対する抗菌効果

日本大学松戸歯学部落合智子教授との共同研究により、当社の歯膜剤が歯周病原因菌の増殖を抑制し、臨床的に抗菌効果を示すことが in vitro、in vivo 実験で確認されました。この結果は、「日本歯周病学会60周年記念京都大会」(2017.12.16)で発表。

ロジンによる歯周病原因菌の増殖抑制効果実験(In vitro 実験)

当社の歯膜剤に含有されている天然樹脂成分ロジンによるP.g およびT.fに対する増殖抑制効果は以下の通りです。

ロジンによる歯周病原因菌の増殖抑制効果



歯膜剤塗布前後の歯周病原因菌の増殖抑制効果実験(In vivo 実験)

予めP.g 保菌を確認した被験者5名に、当社歯膜剤を指定歯面に10日間連続で塗布させ、塗布直前と10日間塗布後に試料採取を行った結果は以下の通りです。

当社歯膜剤塗布前後の総菌数とRed complex細菌数の比較(n=5)

※Red complex細菌=口腔内に生息している細菌の内、歯周病との関連性が最も高い3菌種(P.g、T.d、T.f)を指している。

Copyright(C) HANIC White Labo All rights reserved.

ページトップ